CEO BLOG
株式会社揚羽 社長ブログ

社長ブログ
群言堂 松場富美さんの言葉
島根県の石見銀山にある、
群言堂というアパレルの会社をご存知でしょうか?
http://www.gungendo.co.jp/
  長い歴史の中で紡がれてきた日本の技術。
  工業化が進む中で、効率性が優先され、
  非効率な古き良き技術は、
      ずいぶんと少なくなってきました。
  非効率でも価値がある、
  非効率でしか出来ない大切な技術を残したい。
  その技術で生まれた素材を使って
  これからの「暮らしの服」をつくりたい。
そんな考えを大事にされている会社です。
その会社の社長さんである松場富美さんが、
石見銀山の古民家を再生して、
「他郷阿部家」という旅館を営んでいらっしゃいます。
http://www.takyo-abeke.jp/
この旅館に宿泊し、松場さんと食事をしながら、
いろいろとお話を伺いました。
5時間以上お話をしたでしょうか。
松場さんの魅力に酔いしれることになりました。
含蓄のある言葉が多かったので、
前後は削除し、名言を切り貼りいたします。
「草の種はたとえ落ちたところが岩の上だったとしても
根を下ろさなければならない。」
「木綿は、やさしく身をまとい、最後は浄布となってその一生を終える。
人の一生もそうありたい。」
「永遠を生きるつもりで夢を描け、今日死ぬつもりで一生懸命生きろ。」
「海の美しさ、広さ、深さは、異質な川をたくさん飲み込んでいるから。」
「夫婦は見つめあって生きるのではなく、
同じ方向を向いて生きなければならない。」
「そんなもんで良いかというものに囲まれてると、
そんなもんで良いかという人生になる。」
松場さんのおっしゃることを一生懸命メモしました。
普段ずっと都会で忙しい生活を送っていると、
こういった根源的な哲学ともいう
べき言葉に触れることは多くありません。
人間は、たまにはこういう言葉を聞いて、
自分の人生を見つめなおすことが本当に本当に大事なのだ。
と心から感じた時間でした。
お時間がありましたら、
ぜひ石見銀山まで足をのばされると良いと思います。