CEO BLOG
株式会社揚羽 社長ブログ

社長ブログ
「やりたいことができるほど、世の中甘くない」の効果
私の尊敬するコピーライターに柏木克己さんという方がいらっしゃいます。
柏木さんが、フェイスブックに書かれていた、若者と大人の関係についての話が
とても共感できたので、紹介させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕たちが若い頃は、
やりたいことはなに?なんて聞く大人はいなかった。
むしろ逆で、
やりたいことができるほど世の中は甘くないで。
とよく言われた。
 今の若僧たちは、
やりたいことを見つけろだの、
 自分らしさはなになの?だの、
やりたいことをやればいいんだよだの、
 言われたりするんですよね。
僕たちの頃も決して生きやすい時代ではなかった。
でも、君はなにがやりたいの?
と問われ続ける方が生きづらいな。
むしろ、やりたいことができるほど甘くない、
といわれた方が反発心が湧いてくるし、
やりたいことが、 逆説的に明確化して先鋭化するかも。
 大人たちは、やっぱり
若僧の嫌われ役であった方が健全なのかな。
 一概には言えないんだろうけど。
柏木克己
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もうひとつ。株式会社ネクスト社長の井上さんの言葉
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
近頃の子供は、自分に自信が無く、自己肯定感が弱く、
なぜ頑張らないとならないのか。という気持ちが育ってない子が増えている。
これは、子供の問題ではなく、「親の過干渉」に問題がある。
小さいころから、子供に選択権を与えず、全て親が決め、
子供が何かしようとすると、「あれやっちゃダメ、これやっちゃダメ」
と自己否定され続けた結果、
自分では何も決められず、
「僕は何をやってもダメなんだ。」「どうせ頑張っても意味ない。」
という気持ちにさせてしまっている。
親は、子供に干渉しすぎてはいけない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子供を大切にするのは、もちろん大事だ。
だが、将来を背負って立つ子供たち、若者たちに、僕たち大人は、
良いと思って、逆に間違ったことをしてないだろうか。
2人の子を持つ親として、20代の社員15人を持つ社長として、
自戒の念を込めて、先輩二人の言葉を受け止めたいと思います。