MAGAZINE

マガジン

コーポレートブランディング

ブランディング会社に依頼するメリットとは?選ぶコツや注意するポイントも解説

ブランディング 会社

「自社のブランディングを実施したいが、具体的に何をすべきでどこから始めればいいのか分からない」「ブランディングの成果を獲得できるだけのノウハウがないため、ブランディング会社への依頼を検討している」という企業は少なくありません。しかしブランディング会社は数多くあるため、なかなか決めきれないケースが多いです。

 

本記事ではブランディング会社を利用するメリットや選び方、利用時の注意点などを解説します。

 

ブランディング会社とは?

ブランディング会社がどのようなサービスを提供しているのか、詳しく解説します。

 

ブランディングの支援をサービスとして提供する企業

ブランディング会社とは、ブランディングの支援を行ってくれる企業です。ブランディングには主に以下5つの領域があります。

 

・コーポレートブランディング
・プロダクトブランディング
・インナーブランディング
・採用ブランディング
・サステナビリティブランディング

 

競合他社との差別化につながる

ブランディングは自社の商品・サービスが他の企業のものとは明確に違うことを示し、顧客が区別できるようにすることです。自社独自の価値を構築するため、競合他社との差別化につながります。

 

ブランディングはそれぞれの会社が独自に実施できますが、専門性の高い分野でもあるため、ノウハウがないとコストと時間がかかりやすいです。慣れていないと目的を達成できない可能性も高まるため、プロのブランディング会社に依頼するケースも検討されます。

 

ブランディング会社の利用がおすすめされる企業の特徴

「商品やサービスの認知度が上がらない」「新商品の展開に伴ってブランド戦略を考えたい」「現在のブランドイメージを変えたい」といった企業は、ブランディング会社の利用がおすすめです。

 

ブランディング会社が持つプロの知識や客観的な視点を活かすことで、これらの問題を解決できる可能性があります。自社が持つノウハウ・知識によっては依頼する工程・段階は異なるため、自社の課題に合わせて依頼を検討しましょう。

 

ブランディング会社を使う企業の事例が増えている理由

ブランディング会社を使う企業の事例は、増加傾向です。その理由について、詳しく解説します。

 

ブランディングの重要性が多くの企業に認知されている

ブランディングは今や珍しい施策ではなく、多くの企業が実践しています。無数のブランドがすでに存在しており、1日の生活で100〜1,000程度のブランドに接するという調査結果が上がるほど数多いです。そのため生半可な知識だけでブランディングを行っても、他企業ほどの成果が出せない可能性が少なくありません。

 

そこでブランディング会社を活用し、専門的なノウハウを導入し効率的に実施することが重要視されています。

 

ブランディングの難易度が高まっている

近年はブランディングに関する要素が増えているため、その難易度が高まっています。ブランディングに必要な要素が抜けてしまうと、失敗するケースが多いです。

 

そこでブランドアクティベーションやSDGsなど、さまざまなポイントを踏まえた上でブランディングを行う必要が出てきています。そのため自社のリソースだけではブランディング成功までまかないきれないケースも多くなり、ブランディング会社を利用する企業の事例が増えています。

 

ブランディング 会社

 

ブランディング会社を活用するメリット

ブランディング会社を活用するメリットについて、3点解説します。ブランディング会社の利用を迷っている企業の方は、ぜひ参考にしてください。

 

ブランディングに関する専門知識やノウハウを活用できる

ブランディング会社には、コーポレートブランディング、プロダクトブランディング、インナーブランディング、採用ブランディング、サステナビリティブランディングを行うための具体的な専門知識(クリエイティブ制作やPR、販促など)やノウハウがあります。

 

ブランディングを実際に実行する専門家の知識や経験を活用してブランディングが行えるため、成果を出せる確率を高められる点がメリットです。分からないことを積極的に質問していくことで、自社にブランディングのノウハウを蓄積できます。

 

スピーディにブランディングを進められる

ブランディング会社は、ブランディングを進めるための基本的な方法や流れがパターンごとに用意されているため、スピーディに施策を実施できます。

 

本来は成果を出すまで長期の時間が想定されるブランディングですが、ブランディング会社を活用すれば短期間で必要な結果を出すことも可能です。自社の従業員が時間をかけてブランディングを進めるよりもブランディング会社がスピーディに進めることで、結果的にコストも最低限で済みます。

 

自社で発見できない課題を指摘してもらえる

自社だけでブランディングを行うと、主観的な視点のみとなるため課題を見逃すことも多くなります。自社の強み・弱み・業界での立ち位置など、自社がどのように見られているか正確に把握しなければブランディング成功は難しいです。

 

ブランディング会社を利用することで客観的な視点を導入できるため、自社の課題を指摘してもらえる可能性があります。課題に見合った具体的なブランディング方法も提案してくれるので、想定以上の成功も可能です。

 

ブランディング会社 メリット

 

ブランディング会社の選び方

自社に合うブランディング会社の選び方について、ポイントを5つ紹介します。

 

具体的な事例や実績が豊富にあるブランディング会社を選ぶ

ブランディング会社として豊富な実績を持っている企業を選ぶことがポイントです。ブランディング会社にも得意・不得意があり、特定の業界に特化している場合も少なくありません。

 

事例が複数ある企業であるほどさまざまな案件に対応できるノウハウがあるため、自社にピッタリと合うブランディング施策を提案してくれる可能性が高まります。

 

一気通貫でのブランディング支援を行ってくれる会社を選ぶ

ブランディングを最初から最後まで、一気通貫で行ってくれるかも重要なポイントです。
一部のブランディングしか対応できない企業の場合、複数のブランディング会社に依頼しなければならないため、手間とコストが無駄にかかります。

 

ブランドの構築と反映、その後の浸透まで行ってくれる会社を選びましょう。

 

対応範囲が明確なブランディング会社を選ぶ

具体的にどのような対応を行ってくれるのかが、明確になっているブランディング会社を選ぶことがおすすめです。

 

対応範囲が曖昧だと、自社だけで行わなければならない作業が出てしまうこともあります。
ノウハウが少ない企業の場合自社で行う範囲が増えた分時間・コストがかかる可能性が高いため、対応範囲について明確なブランディング会社を選びましょう。

 

担当者との相性をチェックする

ブランディング会社に依頼する際には、自社を支援してくれる担当者との相性も確認しましょう。ブランディングは担当者によって大きく結果が変わります。

 

自社にマッチするブランディング方法を提案してくれるか、こちらの意見をきちんと聞いてくれるかなど、スムーズに協力し合える担当者でなければブランディングの成果を出すことは難しいです。

 

自社の独自性を理解してくれるブランディング会社を選ぶ

ブランディングでは、自社の独自性を広めていく必要があります。そのためブランディング会社が積極的に自社について知ろうとする姿勢があるか、独自性を理解しようとしてくれているのかを確認するのがポイントです。

 

収益アップ・目標達成などを見据えて、自社の独自性に合ったサポートを行うブランディング会社かをチェックしましょう。

 

ブランディング会社を選ぶ際の注意点

ブランディング会社を選ぶ際、自社が行うべき注意点について3点解説します。

 

予算を決めておく

ブランディング会社に依頼する際には、かけられる予算を明確にしておくことが大切です。ブランディングではクリエイティブ作成やWebサイトリニューアル、プレスリリース、広告運用など幅広い施策があります。

 

予算内で十分な対応を行ってくれるブランディング会社に依頼することが基本です。同じ条件でもブランディング会社によって価格は異なるため、予算に対する対応範囲・クオリティを慎重に見極める必要があります。まずはブランディング会社に相談して、見積もりを出してもらいましょう。見積もりは複数の会社から取り寄せると、相場も調査できるためおすすめです。

 

自社の目標達成につながるか確認する

ブランディング会社の支援が、自社の目標達成に貢献してくれるか確認しましょう。ブランディング会社によっては、同じようなブランディング戦略を提案し、企業ごとの特色を活かそうとしないケースもあります。

 

実際に依頼する前に、どのようなブランディング戦略を提案してくれるのか、それが自社の目標達成につながるのか確認することが重要です。ブランディング会社がどのように自社の考え・独自性を理解し、どのようなアプローチでブランディング戦略を進めるのか説明してもらうとしっかりチェックできます。

 

具体的な支援内容を把握しておく

ブランディング会社が、どのようなブランディング支援を行っているか確認しましょう。
たとえば「揚羽」には、「コーポレートブランディング支援」「インナーブランディング支援」「採用ブランディング支援」「サステナビリティブランディング」といった支援サービスがあります。ブランディングの戦略策定からクリエイティブ作成、その後の効果検証も一気通貫で実施が可能です。

 

揚羽のブランディング支援

■コーポレートブランディング
https://www.ageha.tv/solution/corporate/
■インナーブランディング
https://www.ageha.tv/solution/inner/
■採用ブランディング
https://www.ageha.tv/solution/recruiting/
■サステナビリティブランディング
https://www.ageha.tv/solution/sustainability/

 

まとめ

この記事では、ブランディング会社を利用するメリット・選び方について解説しました。ブランディングに関する知識・ノウハウが豊富なブランディング会社に依頼することで、スピーディーに成果を得られます。

 

ブランディング会社を選ぶ際は「揚羽」のように、ステークホルダーからの支持を集めて企業価値を上げる「コーポレートブランディング支援」SDGsに向かう企業の差別化を支援する「サステナビリティブランディング支援」などを行う企業がおすすめです。

 

CONTACTご相談窓口はこちら

SHARE
WRITER

制作ディレクター

日向進

人材採用関連の各種ツール、企業運営にかかわるコンテンツ、サービスの設計・制作を行うディレクター。前職は出版・広告系で、企業や著名人などさまざまな取材も行ってきました。

ブランディングの戦略策定から、
課題解決まで伴走します
お見積もり・詳しい相談はこちら
お問い合わせをする
事例や会社案内をまとめた資料はこちら
事例集をダウンロードする
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6280-3336

平日:10:00 ~ 19:00