株式会社揚羽

CUSTOMER INTERVIEWお客様インタビュー

議論を深めることで、新たな気付きがありました。

カルビー株式会社
人事総務本部 ダイバーシティ委員会 石井 信江 様

私たちにとって欠かせないインナーブランディングツールが出来上がりました

丸千千代田水産株式会社 
取締役 事業推進室 石橋秀子 様

コーポレートサイトのリニューアル。 期待値以上の仕事ぶりに、感動しました。

日本社宅サービス株式会社
市原 康太郎様

議論を深めることで、新たな気付きがありました。

ご依頼の背景

私たちカルビーは、2010年よりダイバーシティ委員会を設立、女性活躍を最優先課題として取り組みをスタートし、ダイバーシティの理解を深める社内イベント「カルビーグループダイバーシティ・フォーラム」を毎年開催しています。
今回、揚羽さんには、その9回目となるイベント内で使用する映像制作をお願いしました。
これまで「女性活躍」に注力してきましたが、今回はダイバーシティの本質である多様な個の「全員活躍」へと初めてテーマをシフトしました。
揚羽さんに依頼したのは、まさにこの大きな転換期でした。

制作過程について

当初「全員活躍」というテーマは決まっていたのですが、具体的にどのような映像にするかとった構想は、明確に持てていませんでしたね。そのため、まず揚羽さんと共に取り組んだのが「参加者にどのようなメッセージを残し伝えるか」を考えることでした。
カルビーの現状と課題、目指す姿を洗い出しながら、どのようなメッセージを、どのような言葉をもって映像で伝えるかというところから慎重に議論を重ねました。
4ヶ月という限られた時間の中、担当者の方には本当に足しげく弊社に通っていただきました(笑)

当初はイベントのオープニングで流す想定をしていたのですが、次第に議論を重ねていくうちに「これは未来につながる映像になる」と話が発展し、イベントを盛り上げるオープニング映像ではなく、ダイバーシティのイベントを締めくくるエンディング映像として流すことに決めました。
イベントでの使用のみにとどめず、現在はカルビー本社のエントランスでも他CM映像等と合わせて紹介しており、周囲からもご好評をいただいています。

制作を終えたご感想

映像制作というのは、実に難しい仕事だと思います。構成案を紙で確認しても、仕上がりの映像を見ると、何かが違う、ということは往々にしてあるからです。しかし揚羽さんとは、とことん議論し、向き合うことが出来たからこそ、最終的には「これだ」と納得できる映像を提出いただくことが出来ました。
これまでにも制作会社様とのやり取りは過去何社かありましたが、今回のようにメッセージを一から作るところからスタートしたのは私自身としては今回が初めてでした。私どもの考えを一方的に聞く受け身スタイルではなく、きちんと相互に議論出来る関係性を築けた事が非常に良かったと思いますね。
あまり時間のない中での制作でしたが、常にスピーディなレスポンスを頂くことが出来、非常に助かりました。本音を伝え合える、とてもありがたい存在でしたし、カルビーを愛してくださる熱心な担当者さんにも、感謝しています。

今後、揚羽に期待すること

揚羽さんに対して素晴らしいなと思ったことは、私たちの想像を超えた価値をご提供いただけたことだと思います。でもそれは、私たち、カルビーも同じです。
お客様の想像出来る範囲のものを作っていては、マーケットも視座も広がっていかないので、つねにお客様の想像を超え、感動を伝えられるような存在になっていけなくてはならないんですよね。
今後も、お客様へ感動を与え続ける存在として、互いに切磋琢磨していけたらと思っています。またご一緒に仕事をする機会があれば嬉しいです。

カルビー株式会社
人事総務本部 ダイバーシティ委員会 石井 信江 様

揚羽にご発注いただいた理由

知人の紹介で揚羽さんと初めてお会いした当時、まさに世の中は築地市場から豊洲市場へと移転が決定したタイミングでした。弊社内には移転に対して楽しみな反面、不安を感じる社員も数多くおり、会社を発展させる為にも、移転しても変えてはいけないものを改めて見直したいと思っていました。 揚羽さんは、インナーブランディングの実績も多数あったので、現状をご相談したところ、社員の考えを探る実態調査を実施し、具体的な課題を見つけ出した上で、社内の意思統一を図るために有効なクリエイティブ施策をいくつかご提案いただきました。中でも、コーポレートスローガンの見直しやクレドカード、それらを浸透させる為の映像制作には必要性とやる価値を強く感じ、社長や社内全体を巻き込んでの大きなプロジェクトが始動しました。揚羽の皆さんは熱意があり一生懸命で、提案内容も充実していたので、安心して仕事をお任せできました。

制作物へのご感想

今回の制作を通して、経営陣達が膝を突き合わせて議論を重ね、改めて私たちの会社の理念や文化を整理し言語化することが出来た、ということが非常に良かったですね。実際に豊洲移転前のキックオフ映像公開後に行った社員向けのアンケート調査では、5点満点中4.4点と高評価を得ることが出来ましたし、クレドカードには求める人物像が言語化されて記されていたりと企業にとっては非常に重要なツールとなりました。 今回の映像やカード制作のために作った「ありがとうをまわそう」というキャッチコピーによって、先代が長らく大切にしてきた「ありがとう」という丸千千代田水産に関わる人々に対しての感謝の言葉が、確実に社員一人一人に定着したことも、今回の制作物による大きな成果です。

揚羽の印象

皆さん、とにかく一所懸命です。 例えば、今回撮影をした映像現場は、真夏でバテそうになるほどの厳しい環境下でしたが、深夜から早朝までしっかりとやり切っていただいたおかげで、とても良い画が撮れました。 また、弊社のことを理解したいという強い想いや、粘り強く諦めない姿勢も印象的です。あとは、対応力でしょうか。弊社には20代~70代までの幅広い社員が働いているのですが、それぞれの世代に慣れ親しんだ方法で個別対応をしてもらう、という場面もあり、柔軟に対応していただき非常に助かりました。ご自身の仕事をとても楽しんでいる方が多く、人として魅力ある社員の方々多いですね!!結局最後は仕事もそうですが、人間性だと強く感じました。

今後の揚羽に期待すること

一緒にいて楽しい、もっと話したいといつも思います。「お客様のために」という一生懸命な姿勢を大切に、今後も自分たちが思いつかない発想を、どんどんご提案していただきたいです。

丸千千代田水産株式会社 
取締役 事業推進室 石橋秀子 様

コーポレートサイトのリニューアル。 期待値以上の仕事ぶりに、感動しました。

揚羽に依頼した決め手

当時、私たちはコーポレートサイトのリニューアルを検討していて、複数社に提案をいただいていました。揚羽さんの提案は、その中でも群を抜いて素晴らしかったですね。決まりきった成功パターンに私たちを当てはめることなく、きちんとこちらの目線に立ち、本質的に私たちが追い求めているものは何かと考えられていた提案内容でした。 「この会社となら良い仕事が出来る」と確信し、迷わず揚羽さんに発注を決めました。

揚羽の印象

私たちが言語化出来ないことを、とてもわかりやすくクリエイティブで表現してくれました。それは、揚羽さんの最も素晴らしい仕事だと思います。「これは、こういう風に表現することが出来るのか」と感動することが多く、一緒にお仕事をスタートしてから、当初考えていなかったことも「揚羽さんなら形にしてくれるのではないか」と思い、次から次へとお願いさせていただいた事を覚えています。結果、1年もかかってしまいましたが、心から満足のいくコーポレートサイトになり、感謝しています。 企業の理念や、我々の想いをここまで形に出来るのかと、期待値を超えてくれた揚羽さんの仕事振りには驚きました。

今後の揚羽に期待すること

やはり、クリエイティブ力でしょうか。本質を理解し、形にしていく力は素晴らしいと思っています。私たちでは絶対に考えもつかない自由な発想力、表現力で今後も継続的にご提案をお待ちしています。

日本社宅サービス株式会社
市原 康太郎様

制作について、パートナーのご相談等、こちらからお問い合わせください