MAGAZINE

マガジン

インナーブランディング

意識改革とは?企業が実施すべき対策やメリット・デメリットについて解説!

会社 意識改革

今後の企業成長を期待するなら、新たなビジネス方針へと変化させる意識改革は企業・従業員ともに重要です。組織文化・従業員の活躍状況などさまざまな要因によって悩みを抱えている企業では、意識改革を進めていく必要があります。本記事では、企業が行う意識改革の意味や意識改革が必要な場面、メリット、デメリットなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

意識改革とは?

意識改革とは、考え方やビジネスの方針を従来のものから新たなものへと変化させることです。意識を改革するために何が必要なのか、その次のステップとして何が必要なのかまで考えなければなりません。たとえば従業員の残業を減らしたいケースでは、長時間労働をよしと考える従業員の認識を変えるなどが必要です。

 

ただし意識改革を促進するときは、「残業を減らす考えを従業員に浸透させる課題」として考えるべきところを「残業する従業員の技量不足が問題」と見てしまうなど、偏った視点で推進しないように注意しましょう。

 

意識改革 とは

 

意識改革が必要な場面

意識改革すべき場面について、一般的である「新たな経営戦略を立てる場面」「組織の文化を変革したい場面」の2つを紹介します。

 

新たな経営戦略を立てる場面

企業は短期的な計画だけでなく、3〜5年程度の中長期計画を立てることが多いです。3年や5年の計画を立てるタイミングで、どのように意識して計画・目標と向き合っていくかなどを考えます。新たな計画の際に、これまで良しとされていたもの中で改善点を見つけ出せるでしょう。

 

中長期計画を達成するためにも、新たな経営戦略を立てる場面で従業員に刷新したビジョンを落とし込むことが必要となります。

 

組織の文化を変革したい場面

新たな組織文化を変革したいときも、意識改革が役立ちます。組織文化は短期的に作られるものではなく、長年の歴史で醸成されてきたものです。そのため組織文化に変化をもたらすためには、3〜5年など中長期的な視点で意識改革に取り組まなければなりません。

 

また理念を刷新したり、新たなビジョンを掲げたりした後には、意識改革を実施する必要があります。理念やビジョンを浸透させることで、少しずつ従業員の意識を変革していけるでしょう。

 

意識改革の目的

意識改革の理解を深めるために、意識改革の目的について解説します。

 

企業理念を浸透させること

企業理念を浸透させる目的で、意識改革を実施することも多くあります。従業員や経営陣が企業理念を意識しながら働ける環境を作ることで、仕事を有意義と思えるような状態にする点が意識改革の実施理由です。

 

従業員のポジションによっては、企業理念と受け持つ業務内容がかけ離れていることも珍しくありません。そこで意識改革を実施することで、「かけ離れているように見える仕事も、企業理念へつながっている」と意識するようになり、企業理念が社内に浸透します。

 

働き方を見直すこと

働き方改革を促進させることは、意識改革の目的の一つです。特に従業員の認識が原因となり、働き方改革が進まない場合に効果があります。

 

たとえば「残業が評価につながる」「休むと周囲に差がついてしまう」といった考えがある場合、有給休暇の取得を促進する施策実施などを通じた意識改革の実施が必要です。長時間労働を是としない意識が芽生えれば、有給休暇の取得率が高まり定時退社が増えるなど行動に現れます。

 

ブランディングの重要性が多くの企業に認知されている

ブランディングは今や珍しい施策ではなく、多くの企業が実践しています。無数のブランドがすでに存在しており、1日の生活で100〜1,000程度のブランドに接するという調査結果が上がるほど数多いです。そのため生半可な知識だけでブランディングを行っても、他企業ほどの成果が出せない可能性が少なくありません。

 

そこでブランディング会社を活用し、専門的なノウハウを導入し効率的に実施することが重要視されています。

 

パフォーマンスを向上させること

意識改革は、業績アップにもつながります。業績を上げるためには、基本的に生産性を上げることが大切です。そこで生産性アップのために、今まで当たり前だと感じていた業務から不要な業務を洗い出すことで業務改善をできるケースがあります。

 

「当たり前」と感じていたことを考え直し、新たな視点へと変化を促すことが意識改革です。その結果、業務効率が上がり、パフォーマンスを向上させられることも珍しくありません。

 

従業員の活躍機会を生み出すこと

意識改革を実施することにより、女性の管理職を増やしたり従業員の活躍を促進させたりできます。

 

たとえば従業員が「女性は管理職になれない」と考えていると、管理職を目指す意識がそもそも生まれません。そこで性別問わず活躍できるビジョンを打ち出すことで、従業員に管理職を目指す意識を芽生えさせることが必要です。同時にと経営者層・上司層にも積極的に部下を育てる意識を抱かせることで、社内に共通した目的意識を作り上げられます。
その結果、従業員の活躍機会を生み出せるでしょう。

 

意識改革のメリット

意識改革を実施するメリットについて、詳しく解説します。

 

生産性が向上する

意識改革の実施は、生産性向上に役立ちます。仕事内容に対する意識改革が実施されれば、仕事を進める上での無駄を省くことができます。不要な業務を省くことで、商品のクオリティを維持したままコスト削減も可能です。

 

また顧客のニーズに対応するために、効率的なチーム運営を自ら開発する可能性も少なくありません。このように意識改革には新たな価値観から効率的な動きが進み、企業全体の業績を向上させる役割があります。

 

ワークライフバランスを整えられる

労働時間や休日の取得方法の意識改革により、長時間労働を防いだり積極的に有給取得ができたりと、従業員のワークライフバランス向上に役立ちます。新たな働き方を実現するために制度を変えるだけでは、すぐにもとの働き方に戻ることも多いです。そこで制度を導入する前に、長時間労働を良しとする古い働き方から脱却する意識改革が必須です。
また働きやすい職場になることで、従業員のモチベーション維持などにつながるメリットもあります。

 

人材確保に役立つ

意識改革を実施することで、優秀な人材を確保する手助けになるメリットがあります。意識改革でワークライフバランスが整い活躍しやすくなることで、従業員が安心して働ける環境を提供でき、企業が社会的な評価を高められることも多いです。

 

結果として、求職者が積極的に応募してくれる可能性が高まり、優秀な人材を確保することに役立ちます。また、意識改革を通じて魅力的な企業になれば、人材の離職率を低下させることもできるでしょう。

 

意識改革 メリット

 

意識改革のデメリット

意識改革によるデメリットについて、詳しく紹介します。意識改革を実施するか迷う方は、メリットと比較したうえで検討してください。

 

従業員のモチベーション低下につながることも

意識改革でモチベーション維持につながるケースもありますが、反対に従業員のモチベーションを低下させてしまうことも少なくありません。

 

意識改革を強制的に実施した場合に、従業員から反感を買ってしまうこともあります。その結果、離職につながるなど悪影響を及ぼすこともあるため、実施の際は注意が必要です。モチベーション低下を起こさないためには、主体的な意識改革を促す手法で実施しましょう。

 

意識改革で重要な心がけ

意識改革で成功を収めるために、重要な心がけについて解説します。意識改革を実施する際は、ぜひ以下をチェックしてください。

 

経営陣が積極的に参加する

組織の意識改革を活性化するためには、経営層や上長が率先して働きかけることが重要です。部下や従業員が能動的に行動することは難しいため、経営層の働きなしで組織全体を改善することにはつながりません。そのため意識改革を実施する場合は経営陣が主体となって参加し、働きかけることが大切です。

 

ただし経営陣が、従業員にただ「意識改革をしよう」と伝えるだけでは効果が期待できません。意識改革のターゲットは全社員のため、経営陣も含まれています。そのため経営陣が自ら進んで意識改革に取り組み、その姿勢を従業員に見せることが必要です。

 

従業員に強要しないこと

意識改革は、従業員に強制すべきではありません。改革を強制することで従業員のモチベーションは下がり、意識改革の言葉が届くことはなくなります。なぜ一生懸命働く必要があるのか、意識改革を進めるメリットやデメリットについて説明し、自ら能動的に意識改革を進めていけるようにすることが大切です。

 

そのためには自社の厳しい状況を伝えて危機感を感じさせたり、従業員の意識改革によって得られる喜ばしい未来を示したりさまざまな方法が使えます。企業・従業員に合っている方法を用いて、従業員自身で意識改革をしなければならないと感じさせることが重要です。

 

意識改革の前に組織改革が必要

従業員からアクティブに意識改革を実施してもらうための準備として、組織改革を進めることが重要になります。

 

従業員がやる気をもって取り組めない待遇であることや、会社に対して不満が募るばかりであれば、会社としての成長を期待することが難しいです。たとえば残業が評価につながる状態で、「残業を減らそう」「有給休暇を積極的に取ろう」と意識改革をしても、評価を減らしてでも残業を削る人はいません。

 

従業員の意識が原因でない課題については、意識よりも新たな制度が必要です。そのため意識改革を進める前に、組織の評価システムを改善することが優先されます。

 

まとめ

この記事では、意識改革の概要やメリット・デメリットについて解説しました。企業の成長を促すためには、意識改革を通じて生産性アップや働き方改革を進めることが重要です。

 

企業理念を従業員に浸透させたり企業価値を高めたりできるノウハウを求める方は、揚羽の利用を検討してみましょう。揚羽は従業員に対する「インナーブランディング支援」をはじめ、「コーポレートブランディング支援」「サステナビリティブランディング支援」「採用ブランディング支援」を行います。

 

揚羽のブランディング支援

■コーポレートブランディング
https://www.ageha.tv/solution/corporate/
■インナーブランディング
https://www.ageha.tv/solution/inner/
■採用ブランディング
https://www.ageha.tv/solution/recruiting/
■サステナビリティブランディング
https://www.ageha.tv/solution/sustainability/

 

ご相談窓口にまずはお問い合わせください。

 

CONTACTご相談窓口はこちら

SHARE
WRITER

制作ディレクター

日向進

人材採用関連の各種ツール、企業運営にかかわるコンテンツ、サービスの設計・制作を行うディレクター。前職は出版・広告系で、企業や著名人などさまざまな取材も行ってきました。

ブランディングの戦略策定から、
課題解決まで伴走します
お見積もり・詳しい相談はこちら
お問い合わせをする
事例や会社案内をまとめた資料はこちら
事例集をダウンロードする
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6280-3336

平日:10:00 ~ 19:00