DOCUMENT DOWNLOADお役立ち資料

採用ブランディング

ノウハウ
自社の魅力を伝えるコミュニケーション

「人が組織に属する4つの理由」を元に、学生が企業を選ぶ上で根本にある価値観を見極める方法とどのように志望度を醸成していくか、コミュニケーションをとる上で注意すべきポイントを解説しています。

こんな方にオススメ

・学生に伝えたいことがきちんと伝わっていないと感じている
・選考中、自社の魅力をどうやって伝えるのか悩んでいる
・エントリーと説明会参加後の離脱率に悩んでいる

学生からの信頼を得る3つのポイントと会話テクニック

学生と強い信頼関係を築けるかどうかは、採用活動のあらゆる場面において重要な役割を担っています。コミュニケーションを通して学生からの信頼を得るための3つのポイント(フェア、尊敬、承認)と、会話の際に印象を良くするテクニックをご紹介しています。

こんな方にオススメ

・新卒採用に現場の社員をもっと巻き込みたい
・オンラインで人や社風の魅力が訴求しにくいと感じている
・選考中・内定後の学生フォローを強化したい

リクルーター採用を進めるための3つのステップ

学生との接点が多様化する今、社員の生の声は学生にとって最も信頼度が高く重要な情報です。そこで、社員を新卒採用に巻き込み、リクルーター採用を進めるための3つのステップをご紹介しています。

こんな方にオススメ

・新卒採用に現場の社員をもっと巻き込みたい
・オンライン化が進む中で人や社風の魅力が訴求しにくいと感じている

インターンシップのフィードバック心得

社員からのフィードバックは、インターンシップの満足度に大きく影響をする要素の1つです。評価者としてフィードバックをするうえでの3つのポイントと、協力社員への共有方法に関してご紹介しています。

こんな方にオススメ

・人によって評価する観点が異なってしまっていると感じる
・インターンシップから本選考への遷移率に悩んでいる

心理学的視点で考える学生の分類

心理学的視点から、学生の志向性を8タイプに分け、各タイプの学生の特徴や就職活動で重視する点をまとめた上で、クリエイティブの参考事例も一緒にご紹介しています。

こんな方にオススメ

・ターゲット学生の選定に悩んでいる
・ターゲット学生が就職活動において何を重要視しているか知りたい
・自社のどんな魅力を訴求すればいいか悩んでる

学生の心境変化を踏まえた採用フローの設計

就職活動中の学生の心境変化を採用フローに組み込むことで得られる「何を伝えるべきか」の共通意識を持つというメリットと、その設計方法について設計例も一緒にご紹介しています。

こんな方にオススメ

・社内の採用チームやリクルーターの意識統一がしたい
・採用活動の各フェーズで何をどうやって伝えるのか悩んでいる

求める人物像の定義の仕方

リクルーターの協力を得やすくなる・独自のインターンシップを設計出来る等、採用面で多くのメリットを持つ求める人物像(ペルソナ)の定義の仕方について、MVVや経営戦略から繋げて考える方法をご紹介しています。

こんな方にオススメ

・社内に明確な選考基準を浸透させたい
・MVVや経営戦略、人事戦略と採用設計をきちんと繋げたい
・採用活動にかかる工数をコントロールしたい

3Cと5軸の分析

”ターゲット学生”、”採用競合”、”自社”の3Cの要素出しを行った後、”業界”、”個社”、”仕事”、”キャリア”、”人・社風”の5軸で自社の魅力を整理することで、他社には言えない自社の魅力を整理・分析する方法をご紹介しています。

こんな方にオススメ

・自社が持つ魅力を整理したい
・他社と差別化された自社の魅力を訴求する方法が知りたい
・採用ブランディングを考えている

サービス
その他