株式会社揚羽

CUSTOMER INTERVIEWお客様インタビュー

丸千千代田水産株式会社 

取締役 事業推進室 石橋秀子 様

揚羽にご発注いただいた理由
知人の紹介で揚羽さんと初めてお会いした当時、まさに世の中は築地市場から豊洲市場へと移転が決定したタイミングでした。弊社内には移転に対して楽しみな反面、不安を感じる社員も数多くおり、会社を発展させる為にも、移転しても変えてはいけないものを改めて見直したいと思っていました。 揚羽さんは、インナーブランディングの実績も多数あったので、現状をご相談したところ、社員の考えを探る実態調査を実施し、具体的な課題を見つけ出した上で、社内の意思統一を図るために有効なクリエイティブ施策をいくつかご提案いただきました。中でも、コーポレートスローガンの見直しやクレドカード、それらを浸透させる為の映像制作には必要性とやる価値を強く感じ、社長や社内全体を巻き込んでの大きなプロジェクトが始動しました。揚羽の皆さんは熱意があり一生懸命で、提案内容も充実していたので、安心して仕事をお任せできました。
制作物へのご感想
今回の制作を通して、経営陣達が膝を突き合わせて議論を重ね、改めて私たちの会社の理念や文化を整理し言語化することが出来た、ということが非常に良かったですね。実際に豊洲移転前のキックオフ映像公開後に行った社員向けのアンケート調査では、5点満点中4.4点と高評価を得ることが出来ましたし、クレドカードには求める人物像が言語化されて記されていたりと企業にとっては非常に重要なツールとなりました。 今回の映像やカード制作のために作った「ありがとうをまわそう」というキャッチコピーによって、先代が長らく大切にしてきた「ありがとう」という丸千千代田水産に関わる人々に対しての感謝の言葉が、確実に社員一人一人に定着したことも、今回の制作物による大きな成果です。
揚羽の印象
皆さん、とにかく一所懸命です。 例えば、今回撮影をした映像現場は、真夏でバテそうになるほどの厳しい環境下でしたが、深夜から早朝までしっかりとやり切っていただいたおかげで、とても良い画が撮れました。 また、弊社のことを理解したいという強い想いや、粘り強く諦めない姿勢も印象的です。あとは、対応力でしょうか。弊社には20代~70代までの幅広い社員が働いているのですが、それぞれの世代に慣れ親しんだ方法で個別対応をしてもらう、という場面もあり、柔軟に対応していただき非常に助かりました。ご自身の仕事をとても楽しんでいる方が多く、人として魅力ある社員の方々多いですね!!結局最後は仕事もそうですが、人間性だと強く感じました。
今後の揚羽に期待すること
一緒にいて楽しい、もっと話したいといつも思います。「お客様のために」という一生懸命な姿勢を大切に、今後も自分たちが思いつかない発想を、どんどんご提案していただきたいです。

制作について、パートナーのご相談等、こちらからお問い合わせください