株式会社揚羽

CUSTOMER INTERVIEWお客様インタビュー

伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社

広報室長 並木 俊雄 様

斬新な提案と、前のめりな姿勢。
良きパートナーとなり、広報を支援していただきました。
ご依頼の背景
弊社は、毎年会社案内を、中期経営計画毎に企業広告を一新しているのですが、2017年に複数社へとコンペをお願いした際に、初めてお声かけさせていただいたことが揚羽さんとの始まりでした。
揚羽さんからのご提案は、とても斬新だったことを覚えています。
例えば、会社案内の表紙。揚羽さんは、ここに中期経営計画のスローガンをドンと持ってきたんですね。
しかも、そのスローガンをロゴにして、ページの統一感を出してくださったりして。
これには驚きました。揚羽さんは弊社では思いつかないようなアイディアが豊富だなと感じて、御社に依頼させていただくことを決めました。
もう一つ印象に残っているのは、弊社の中期経営計画のスローガンである「Fit for innovation」に沿った企業広告制作時の事です。
何が印象的だったかと言うと、会社案内に掲載する社長の写真撮影の際に、「10分で良いので社長にヒアリングしたい」と揚羽さんがおっしゃったんです。社長の了解も取得できたので、許諾した経緯がありました。結果的に社長インタビューの甲斐あってか、揚羽さんからの提案内容はボードメンバーの胸にも響く内容になりましたね。また、会社案内の内容もより充実したものになりました。
今振り返ると、揚羽さんの前のめりなスタイルや発想力を感じた瞬間でした。
揚羽社員の印象
プロデューサーの方が頻繁に弊社に通ってくれたことが印象深いです。
私たち広報室の良き相談相手になってくれました。大抵、話が長くなってしまって、約束の時間を過ぎるのは当たり前で…(笑)私たちとしては当然良いものを作りたいと思っていますが、揚羽さんも負けないくらいその気持ちに応えたいという気持ちが強かったんですよね。だから、結果的に話が盛り上がり、いつも長くなってしまったんだと思います。
更に、こちらが漠然と抱えていることに対して具現化させる提案力も鋭かったなと思います。
例えば、デザイン面や内容面で気になる点があっても、うまく表現できない部分について、揚羽さんは何が良くないのかを明確にし整理した上で、指摘や助言をしてくれました。
とても頼りになる存在でした。
おかげで、雑談も含めて(笑)様々なテーマでご相談させていただいております。
揚羽に期待すること
販促や広報の世界では、今後も様々なツールやコンテンツが登場し、めまぐるしく発展を遂げ多様化していくのだと思います。ぜひとも知見の多い、また、実績事例を多数持っている揚羽さんには、そういった前衛的かつ広範なご提案をいただけるよう、益々期待しております。

制作について、パートナーのご相談等、こちらからお問い合わせください