プロジェクトの背景

国内大手の人材派遣会社であるパーソルテンプスタッフ株式会社は、2023年に創立50周年を迎えます。
この周年を機に、社員、派遣スタッフ、クライアント、パーソルグループ各社、同社に関わるすべてのステークホルダーに、創業時の想いや経営理念の真意を浸透、深化させ、次の100年へ歩みを進めるプロジェクトが始動。
パーソルホールディングスをはじめ、パーソルグループ各社のインナーブランディングをご支援しているご縁から、50周年に向けたコミュニケーション計画の立案から実施まで伴走させていただく運びとなりました。

プランニング

具体的なコミュニケーション施策を検討する前に、プロジェクトメンバーを中心に、同社の歴史を知る社員や若手社員を対象にインタビューを実施。『As is / To be』のフレームワークを活用し、同社の現状と周年事業を通じて目指したい姿について、議論を重ね整理しました。
その結果、目指す姿を「全社員が経営理念をフレーズとしてだけでなく、創業者の“想い”、“企業姿勢”としてより深く理解している状態」と設定。そして、周年を祝福するに留まらず、『これまでを振り返り創業者の想いや企業理念を継承する』、『未来に向けて進化する』、『未来を創造していく』という指標のもと、感謝を伝え同社で働くことへの誇りを醸成する3ヵ年のプロジェクトとして位置づけました。
次に、社内外の各ステークホルダーの3年間の感情や行動の整理を実施。これらを踏まえ、施策ごとのターゲットと目的を整理し、それぞれの施策を企画・実施していきました。
2023年10月現在も、未来に向けた進化、未来の創造をテーマにプロジェクトが続いています。

アウトプット

2022年10月〜2023年7月は、3ヵ年の1年目で過去を継承する期間に。継承されてきた経営理念をより深く理解・共感してもらい、同社で働く人の誇りやエンゲージメントを高める施策を実施しました。

■ビジュアル
「創立50周年記念ロゴ」を制作。レインボーカラーの無数の輪が集まり「50」を形成するデザインは、一人ひとりの多様なはたらき方・生き方を応援するパーソルテンプスタッフの想いを象徴しています。「50」に集まる無数の輪は、さまざまな価値観をもった人を表しており、同社がその人たちを社会と結びつけ、その人の価値を生かし明るい未来社会を創っていく姿を表現。レインボーカラーは明るい多様性・可能性を表します。
周年記念ロゴは、社内に周年を周知するためのポスターなど、社内外のさまざまなツールで展開しました。

周年 ブランディング

■イントラサイト
周年を迎える1年前からイントラサイトを開設。毎週、周年にまつわるコンテンツを更新し、50周年を迎える当日まで社員の気持ちを高めるとともに、それ以降もこれまでを振り返るための施策として運用しました。
同社を支えた功労者・キーパーソンへのインタビュー記事や、経営層から社員への感謝のメッセージ、創業者の篠原氏を身近に感じてもらうための名言漫画コンテンツなど、楽しく、わかりやすく会社の過去を知り、誇りに感じてもらえるようなコンテンツを配信。
後述の感謝祭実施後は、感謝祭のレポートや当日のアルバムを掲載するなど、感謝祭でひとつになった想いを次の100年につなげるためのコンテンツを企画しました。
感謝祭実施直後の5日間は、平均3,000PV/日と、社員の約半数から高頻度で見られている結果も出ています。

イントラ 周年

■スクリーンセーバー
社員向けにスクリーンセーバーを制作。イントラサイトへの誘導や、各イベントに併せてスクリーンセーバー自体を更新することで、周年情報への接点を増やし、期待感を高める施策としました。

パーソルテンプスタッフ株式会社 スクリーンセーバー

■キャラバン
歴代社長3名が全国21拠点を回り、創業者の想いや過去のエピソードを伝える、社員向けイベントを実施。伝えるべき内容をしっかりと伝えることはもちろんのこと、ひとつのイベントとしてキャラバン自体の楽しさを演出しながら、会社をもっと好きになってもらうことも大切にしながら進行。イベント全体の親しみやすさの中にも、創業者ムービーなどこれまでの歴史や想いを伝えることで感動を誘うなど、メリハリを意識しました。
任意参加でありながら、対面とオンライン参加含め、延べ1,600名と、全社員の1/4が参加するイベントとなりました。

キャラバン

■50周年特設サイト
社外のステークホルダーに対して、50年の軌跡と未来への展望を伝えるWebサイトを制作。ページトップではアニメーションを用いて、創業時の想いから、現在、未来へとつなぐ構成にすることで、これまでとこれからのつながりを感じさせます。(特設サイトはこちらからご覧いただけます)

パーソルテンプスタッフ 50周年特設サイト

■感謝祭
過去の継承である1年目の集大成として、大阪・東京の2か所で全社員を対象にオフラインイベントを実施しました。
会場には、過去を体感できるさまざまな展示を行いました。
創業者当時の時代背景と同社の歩みを振り返る『ロング年表』は、自由に踊り飛び出したリボンとポップで楽しそうな雰囲気のあしらいにすることで、これまでを明るく振り返り、誇りを感じられるように表現しています。
また、新入社員一人ひとりが意気込みを宣言するパネルも設置。意気込みを表明することで自分を鼓舞し、また同僚の決意に共鳴する狙いがあります。
感謝祭のメインイベントである式典においても過去の継承を意図したコンテンツを用意。同社社長によるオープニングスピーチでは、これまでの感謝の気持ちとこれからの決意を込めた熱い想いを社員に直接訴えかけました。創業者の生い立ちや同社の成長を描く特別映像では、過去に弊社で撮影した創業者が登場する映像を織り交ぜることで、人格や言葉遣い、生の声を感じられるようになり、創業者のDNAを社員一人ひとりに継承することを目指しました。実施後のアンケートでは、参加した社員の94%が、5点満点中の4点以上と回答し、非常に満足度の高いイベントとなりました。

パーソルテンプスタッフ 感謝祭
感謝祭
周年 事例
インナーブランディング支援

上部写真:オフラインイベント「感謝祭」の設置を行う両社プロジェクトメンバー