大学生の4人に1人が利用する提携サービスの
データベースでターゲティングする広告配信
約71万人の学生情報を保有するデータベースを利用し、ターゲット学生に広告(バナー・動画)を配信するサービス。趣味などの属性セグメントもあり、さまざまなターゲット学生に対応できます。
下記のような課題を解決します
早期化・通年化による
採用担当者のマンパワー不足
採用イベントやナビ媒体に
コストをかけすぎている
インターンシップや
自社セミナーへの学生集客を強化したい
体育会や運動系サークルに所属する学生との接点を増やしたい
POINT 01
幅広い属性セグメントに対応
大学や学年、性別などの基本的な属性セグメントだけでなく、体育会、運動系サークルなどの趣味・志向属性も、提携サービスが保有するデータベースを利用することでターゲティングが可能です。
POINT 02
あらゆる媒体で配信可能
学生の利用率が高いLINEやYoutube、拡散も期待できるtwitterやFacebookなどの媒体に接続しているため、ターゲット学生との親和性が高い媒体を選定し配信することができます。
POINT 03
追加のアンケートオプション
広告配信以外に提携サービス利用ユーザーに対して、学生アンケートを実施することで企業認知や広告の反応を可視化することが可能です。アンケート配信はメールや提携サービス内で行います。
お問い合わせ