大学の正規講義を活用し
従来の採用活動の枠を超えたアプローチ
提携している大学の講義に登壇し、自社の経営やビジネスモデルなどを学生に伝えるサービス。まだ就活を始めていない低学年にも早期からアプローチすることで、就職先としての好意的認知が狙えます。
下記のような課題を解決します
特定の大学で自社の知名度を上げたい
従来の採用フローでは採りたい学生が
なかなか接触できていない
ビジネス思考(経営・事業戦略)の学生に
アプローチしたい
POINT 01
経営戦略や事業戦略の面白さを
学生に直接アプローチ
就活中に学生は数多くの企業と接触するため、就活が進む中で自社の存在が埋もれていってしまう可能性があります。そのため、採用活動以外の場で早期に学生と接触し、企業の魅力付けをしておく事が重要です。
POINT 02
大学の正規科目である講義を活用
正規科目であるため、就職先としての意識がない学生も講義内容を真剣に聞きます。この状況を活かしビジネス戦略などの魅力を伝えることで、企業認知から興味喚起まで態度変容を促すことが期待できます。
お問い合わせ