気になる、あの広告。ライザップの事業ドメインの展開。


30代も半ばになり、お腹まわりの脂肪がつき始めた筆者も、目を奪われるライザップの広告。今までも多くの著名人を起用し、「結果にコミットする」というキャッチコピーとともに、その効果をわかりやすく訴求することで、認知度を上げています。筆者の周りにも、ライザップに加入して、みるみる理想の体を手に入れている人も少なくありません。

そんな中、ライザップのある電車広告を見て驚いた人も多いでしょう。

「ライザップイングリッシュ」

そう。英会話事業です。2016年のことです。
これまでのボディメイク事業から一転、英会話事業へ参入。
筆者も驚いた一方で、その広告を見て事業戦略について「逆設計(なぜそのような戦略に出たのか)」を行い、「なるほど!」と目から鱗でした。

おそらくこれまでのボディメイク事業のメインターゲットである「男性+ビジネスパーソン」に対して、ボディメイク事業自体を「仕事に直結する自己投資」と捉え、それを「短期間で結果にコミット」するというスキームを当てはめると、「ボディメイク」だけでなく「英会話」も当てはまる。

その華麗なる事業ドメインの展開にワクワクして、「次は何を行うのか」と予想しました。
オーダースーツでアパレル展開か?英会話を拡張してOffice講座か?

正解は、「ライザップゴルフ」

なるほど!確かに。これもまた見事な事業ドメインの展開でした。
ますます、興味が湧いてきました。

ライザップの企業理念とは。


そこで、ライザップはどのような理念の下、事業を展開しているのか?
ということが気になり、早速調べてみました。

「人は変われる。」を証明する
https://www.rizapgroup.com/about/vision/


すべての人には、理想の自分がある。

若い人も、年齢を重ねた人も、恵まれた人も、そうでない人も、
どんな人にもなりたい自分に変わりたいという想いがある。

私たちは、すべての人が、
理想の自分に絶対に変われると確信している。

私たちは、お客様のその想いに全身全霊で向き合い、
想いを叶えるまで絶対に諦めない。

そして、私たち自身も、様々な壁に立ち向かうことで、
お客様と一緒に変わっていけると信じている。

“本当に、人は変われる?”

誰もが信じたくても信じきれないこの問題に、
私たちは挑戦し続け、「人は変われる。」を証明し続けます。

まさに、ボディメイクも英会話もゴルフも、この理念に沿った事業戦略であることがわかります。
特に印象的だったのが、「自己投資産業」という言葉。一つひとつを既存の「事業」という枠にとらわれずに、あらゆる事業ドメインに展開可能な定義を行っているところ。そして、現在の好景気や転職市場の盛り上がりなどの市場状況を分析し、ターゲットを「ビジネスパーソン」とおいた戦略であることもわかります。

ライザップは『「人は変われる」を証明する』という強い理念(信念)の下、うまく理念経営を行っている企業の一つであることがわかります。

理念は、事業ドメインを限定するものではなく、拡張してくれるもの


今回、ライザップの理念から非常に大切なことを学びました。

ブランディングの基本は「選択と集中」であり、ある一定の分野でどういった強みを持って事業を行っていくことだと、広く一般的に考えられています。

その過程で、経営者は新しい事業の取捨選択に迫られます。その判断の拠り所となるのが「理念」です。
もし、ある分野に特化し限定された理念であったならば、時にその新しい事業の可能性を芽を摘んでしまうかもしれません。

しかし、逆にその企業や経営者の本質的な”信念”を言語化した理念であれば、
新しい事業の可能性を生み出してくれるものになるのです。まさにライザップの理念はそうですね。

新規事業の立ち上げには、新しい分野への技術やノウハウの転換ができるかという視点からの発想も大切ですが、このような理念を改めて解釈し、発想していくことも、今後大切な要素となってくるように思います。

WRITER

イタクラ

コミュニケーションプランナー
クリエイティブディレクター

イタクラ

なんでもかんでもロジカルに考える、理系出身のクリエイティブディレクター。採用・ブランディングやインナー・ブランディングにおける、コアコンセプトの開発から、クリエイティブツールの企画提案、ディレクションまでを担う。5月23日、ラブレター(恋文)の日生まれ。

なんでもかんでもロジカルに考える、理系出身のクリエイティブディレクター。採用・ブランディングやインナー・ブランディングにおける、コアコンセプトの開発から、クリエイティブツールの企画提案、ディレクションまでを担う。5月23日、ラブレター(恋文)の日生まれ。