マーケティング&ブランディングの切り口で採用を変える


みなさん、こんにちは。
揚羽マーケティング担当の石田です。

先日11月19日に、
「通年化で変えるべき採用活動2つのポイント」と題して採用担当者様向けのセミナーを開催いたしました。

いま、経団連のルールが形骸化してきていることを背景に就活における企業と学生の接点は多様化・長期化を余儀なくされています。

人事担当者の方々からは、

・選考を始めた頃にはもう、優秀な学生は競合他社の内々定を持っている。
・早めに内々定を出しても入社まで繋ぎ止められない。
・採用業務が長期化することで1年中繁忙期になってしまった。

などのお悩みをお聞きすることも多くなりました。
このような課題を解決する方法として、

1.マーケティング発想で採用シナリオを考える
2.揚羽流採用ブランディングの進め方

という2つのテーマで、
目指すべきこれからの採用活動について
弊社独自の観点からご紹介させていただきました。

当日の資料(一部)は、コチラからダウンロードできます。

第一部:マーケティング発想で採用シナリオを考える



スピーカー:白岩大 プロデューサー/リクルーティング事業部マネージャー

第一部講演内容
・ナビや合説での母集団形成~説明会での動機形成という従来の流れが崩壊
・1toAllの採用から1to1の採用を設計する時代へ
・マーケティングにおける消費者購買フローを採用活動に当てはめて考えてみる
・採用マーケティングを成功に導くターゲット戦略とは
・各社が取り入れはじめているタッチポイント施策について

後半はテーブル毎に簡単なワークも行い、参加者同士が話せる範囲で自社の課題やこれから取り組むべきことを整理しました。

少し専門的で難しそうな内容に思えますが、実際にワークを通じて自社の採用シナリオを考えてみることで、採用活動をより効率的かつ効果的に変革するための良いきっかけになったのではないでしょうか。

第二部:~揚羽流~採用ブランディングの進め方



スピーカー:高井大地 ブランド戦略シニアプロデューサー/クリエイティブディレクター

第二部講演内容
・採用マーケティングと採用ブランディングの関係性
・ブランドを確立することによる採用活動へのメリット
・データを活用した採用ブランド構築の手法
・採用ブランディング事例のご紹介

講義の終盤では揚羽が直近で手掛けた採用ブランディングの事例を、抱えていた課題背景から具体的に紹介させていただきました。

「採用ブランディング」と言われても漠然としていて、キャッチコピーなのか?クリエイティブなのか?それ以外なのか?という疑問をお持ちの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、具体的な成功事例をご覧いただくことで、何に取り組むべきかをよく理解できたというようなお声もありました。


セミナー終了後は任意参加ですが、人事担当者の皆様同士の情報交換の場として懇親会(軽食付き)を実施しております。

今後も弊社独自のノウハウを活用しながら、人事の皆様のお悩みや疑問を解消できるようなセミナーを随時企画・開催していきますので、どうぞご期待ください。

また、今回のセミナーが好評でしたので、急遽【第二回採用セミナー】を開催します!

第二回採用セミナー~通年化で変えるべき採用活動2つのポイント~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催日 :2019年12月17日(火)18:30〜20:00(18:00開場・受付開始)
会場:株式会社揚羽 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-12-7 3F cafeスペース
定員:30名
参加費:無料  *お名刺を2枚お持ちください
主催:株式会社揚羽
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
20:00~20:30にて、懇親会を実施いたします。
軽食とお飲み物をご用意しておりますので、是非お気軽にご参加下さいませ。
※今回、参加者多数となることが予想されるため抽選形式を取らせていただきます。
抽選結果については3営業日前までにメールにてご案内いたします。

【第二回採用セミナー】への参加をご希望される方はコチラからお申込みください。

当日の資料(一部)は、下記フォームよりお申込みください。

WRITER

石田 卓也

石田 卓也

プロデューサー
営業推進・マーケティンググループ リーダー

新卒で揚羽に入社後、人事や広報担当向けのソリューション営業に従事し4年目でMVPを獲得。現在は現場で学んだ経験を武器にマーケティング・育成など営業組織の改革にチャレンジしています。学生時代は体育会系で部活ばかりやっていました。

プロデューサー
営業推進・マーケティンググループ リーダー

新卒で揚羽に入社後、人事や広報担当向けのソリューション営業に従事し4年目でMVPを獲得。現在は現場で学んだ経験を武器にマーケティング・育成など営業組織の改革にチャレンジしています。学生時代は体育会系で部活ばかりやっていました。