社員をリテンションさせるための『定着予算』とは


2019年4月23.24日、宣伝会議様主催『アドタイデイズ2019春』に出展&講演してきました!
『アドタイデイズ2019春』HP

弊社のブースでは「インナーブランディング」をテーマに出展させていただきました。
ブースにお越しいただいた企業様は、企業規模も業界も様々でして、本当に日本の多くの企業様がインナーブランディングにご関心を持ちだしているのだと感じました。

また、今回のイベントでは私も講演させていただきました。
テーマは、【インナーブランディングは業績アップにつながる。「定着予算」の正しい使い方】

「優秀な人材の離職が増えている」
という多くの日本企業が抱えている課題に対し、
「定着予算」という社員のリテンションに割く投資の重要性について
お話しさせていただきました。
※「定着予算」とは、弊社が提唱している新たな概念です。

私自身ビックリしたのですが、講演後は弊社ブースに長蛇の列ができるのほどの反響がございました。
ご関心がございましたら、講演映像をぜひご覧ください。

 

映像全編視聴&講演資料ダウンロードをご希望の方は、下記フォームよりご登録お願いいたします。
(ご登録いただきました方には、月に1回ほど最新セミナーのご案内をさせていただきます)

WRITER

黒田 天兵

インナーブランディング研究室
室長

黒田 天兵

ブランディングにおけるソリューション実績700社を超える (株)揚羽にて、コーポレートコミュニケーション事業の立ち上げから推進まで行っている責任者。携わったインナーブランディング実績はおよそ200社、財閥系大手企業から近年注目されている急成長ベンチャー企業まで幅広く担当し、理念浸透・意識改革などのプロジェクトに携わる。大学時代は哲学に没頭。ハイデガー、デカルト、カント、ニーチェを研究。

ブランディングにおけるソリューション実績700社を超える (株)揚羽にて、コーポレートコミュニケーション事業の立ち上げから推進まで行っている責任者。携わったインナーブランディング実績はおよそ200社、財閥系大手企業から近年注目されている急成長ベンチャー企業まで幅広く担当し、理念浸透・意識改革などのプロジェクトに携わる。大学時代は哲学に没頭。ハイデガー、デカルト、カント、ニーチェを研究。