『健康経営』をテーマにFiNCの長田様をゲストに招きました。


昨今、「健康寿命」という言葉がでてきました。
これは、「人の支えがなくても生活できる状態」の期間のことを言います。
この期間をいかに長くするか、ということを真剣に考えなければならない時代になってきました。

増え続ける国民医療費・・・
生産年齢人口の減少・・・

こういった背景から、企業では「健康経営」の推進が活発になってまいりました。
「従業員の健康が悪化する」ということは、「生産性が低下する」「定着率が悪化する」といったことにつながる可能性があるので、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践する「健康経営」が各企業で重要視されつつあります。

そこで、長田様からは
・「健康経営」を推進するために必要なこと
・実際の企業様での成功事例
などなど、とても勉強になる内容をお話しいただきました。

長田様からのお話し(抜粋)


参加者
「健康経営」に投資していきたいが、何を指標としていったらよいかわかりません。どうしたらよいでしょうか?
長田氏
生産性の影響度を評価する指標「プレゼンティーズム」「アブセンティーズム」を利用することが必要になります。
参加者
「労働時間が短くなると売上も下がるのではないか」という声があります。実際にそうなのでしょうか?
長田氏
労働時間と売上は比例しておりません。アンケートを利用し、パフォーマンスの良い社員の生活習慣を明らかにしていきましょう。
参加者
会社から一方的に「〇〇をして健康を推進していきましょう」と発信しても、なかなかうまく浸透されません…
長田氏
「健康経営」で重要なのは「従業員の当事者意識を醸成すること」です。これは短期的には醸成されにくいので、長い目でみることも必要です。

参加者様からのコメント


中でも、印象深かったコメントを抜粋しました。

「メンバーが主体的に動くことが重要だということが印象的でした。」

「サーベイやアンケートを取りっぱなしになっていることがあるので、活用していきたいと思います。」

「改めて、健康経営は全社的に必要な施策だと感じました。」

必要なことだとは認識していても、なかなか動き出しが難しいのがインナーブランディング分野の特徴です。
参加者様同士でも意見交換することで、今まで見えなかった部分に気づくことができるかと思います。

今後のセミナー開催予定


弊社では、「これからインナーブランディングに取り掛かっていきたいという方々のための対話会」として毎月ゲストをご招待し、セミナーを開催しております。

【こんな人におすすめ】

●インナーブランディングに興味がある方
●各企業の成功事例を知りたい方
●同じ志を持った方とつながりたい方

世間でホットなテーマについて、実践されている企業様のお話をお届けしております。
インナーブランディングの最先端を知りたい方は是非ご参加ください。

【セミナー予約ページ】無料インナーブランディングセミナー

今後も益々皆様の御力になれるよう、研究を続けてまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

WRITER

黒田 天兵

インナーブランディング研究室
室長

黒田 天兵

ブランディングにおけるソリューション実績700社を超える (株)揚羽にて、コーポレートコミュニケーション事業の立ち上げから推進まで行っている責任者。携わったインナーブランディング実績はおよそ200社、財閥系大手企業から近年注目されている急成長ベンチャー企業まで幅広く担当し、理念浸透・意識改革などのプロジェクトに携わる。大学時代は哲学に没頭。ハイデガー、デカルト、カント、ニーチェを研究。

ブランディングにおけるソリューション実績700社を超える (株)揚羽にて、コーポレートコミュニケーション事業の立ち上げから推進まで行っている責任者。携わったインナーブランディング実績はおよそ200社、財閥系大手企業から近年注目されている急成長ベンチャー企業まで幅広く担当し、理念浸透・意識改革などのプロジェクトに携わる。大学時代は哲学に没頭。ハイデガー、デカルト、カント、ニーチェを研究。